木曽義仲軍乱暴事件の真相

[前書き]

” 木曽義仲は乱暴者、暴れん坊将軍と誤解している方へ ”

「木曽義仲軍乱暴事件の真相」

 いわゆる源平合戦の頃、木曽義仲軍のみが京都で乱暴を働いたというのが平家物語
(へいけものがたり)などによる通説である。しかし、これは平家物語やその解説者の
捏造(ねつぞう、作り話)である。「勝てば官軍、負ければ賊軍」の言葉通り、勝者に
都合の悪いことは歴史物語、歴史書に記述しにくい。敗者については悪事を強調し捏造
しても記述される。

一.「平家物語」や「玉葉(ぎょくよう)」にも平家軍の乱暴(略奪)の記述がある。
(北国下向(ほっこくげこう)の場面)
二.「平家物語・延慶(えんぎょう)本」には鎌倉軍の乱暴(略奪)の記述がある。
(梶原(かじはら)摂津(せっつ)の国の勝尾寺(かつおじ)を焼き払う)
三.「吉記(きっき)」には義仲軍の入京前に僧兵や京都市民の放火・略奪の記述があ
る。
四.「愚管抄(ぐかんしょう)」には義仲軍の入京前に平家屋敷への火事場泥棒や京都
市民の略奪の記述がある。
   義仲軍の入京後には放火・略奪などの記述は無い。
五.「吾妻鏡(あずまかがみ)」には鎌倉軍の守護(しゅご)・地頭(じとう)などの
乱暴の記述が多数ある。

 つまり通説とは逆に義仲軍以外が全て乱暴を働いていた。乱暴事件の真犯人は元平家
軍将兵(後の鎌倉軍将兵)、僧兵、一般市民である。
 平家物語は琵琶(びわ)法師による庶民(しょみん)への語り物として広まった。そ
の時庶民の乱暴を語る事は出来ない。また勝者となった権力者の頼朝や朝廷の批判は出
来ない。「猫おろし」「牛車」「法住寺合戦」事件も権力者となった鎌倉の関東武士の
乱暴などを義仲に置き換えて非難したものである。

「玉葉(ぎょくよう)」は右大臣(うだいじん)・九条兼実(くじょうかねざね)の日
記。
「吉記(きっき)」は左大弁(さだいべん)・吉田経房(よしだつねふさ)の日記。
「愚管抄(ぐかんしょう)」は僧侶・慈円(じえん)の歴史書。
「吾妻鏡(あずまかがみ)」は鎌倉政権の公式記録(北条氏より)とされている。


[木曽義仲軍乱暴事件のあらまし]
 
平家物語の木曽義仲軍の乱暴説は捏造(ねつぞう、作り話)である。

 真犯人は元平家軍将兵、僧兵、一般市民である。

 源平合戦の頃、「平家物語」などによる通説では木曽義仲軍のみが京都で乱暴を働い
たとされる。本当だろうか。色々調べてみました。
一.「平家物語」や「玉葉(ぎょくよう)」にも平家軍の乱暴(追捕(ついふく))の
記述がある。
二.「平家物語・延慶(えんぎょう)本」には鎌倉軍の乱暴(追捕)の記述がある。
三.「吉記(きっき)」には義仲軍入京前に僧兵や一般市民の放火・略奪の記述があ
る。
四.「愚管抄(ぐかんしょう)」には義仲軍入京前に平家屋敷への火事場泥棒や一般市
民の略奪の記述がある。義仲軍入京後には略奪などの記述は無い。
五.「吾妻鏡(あずまかがみ)」には鎌倉軍の「守護(しゅご)」「地頭(じとう)」
などの乱暴(追捕)や、集団盗賊事件の記録が多数ある。
 このように義仲軍以外が全て乱暴を働いていた。乱暴事件の真犯人は元平家軍将兵
(後の鎌倉軍将兵)、僧兵、一般市民である。
 平家物語は物語であり義仲軍の乱暴は史実では無いと否定できる。しかし歴史解説者
が史実とする根拠は右大臣(うだいじん)・九条兼実(くじょうかねざね)の日記「玉
葉」や左大弁(さだいべん)・吉田経房(よしだつねふさ)の日記「吉記(きっき)」
を参照しているようだ。
 ところが九条兼実の弟で僧侶の慈円(じえん)による歴史書「愚管抄(ぐかんしょ
う)」には平家軍が退却の時、平家屋敷に放火した。その時、京都中の物取りが集まり
争い入り物取りした。つまり火事場泥棒が発生した。さらに法皇(ほうおう)や多数の
公家(くげ)が比叡山(ひえいざん)に退避した時、京都市内の警備が空白になり、京
都市内は互いに略奪する大混乱の記述がある。「吉記」にも比叡山延暦寺(ひえいざん
えんりゃくじ)の僧兵も加わり放火・略奪したとの記述がある。法皇や公家はこの混乱
の鎮圧を義仲軍に期待し命令した。「平家物語」にはこの義仲軍の入京前における大混
乱の記述は無い。「愚管抄」には義仲軍の入京後は「かくてひしめきてありける」とい
う記述で、義仲軍その他が略奪の記述は無い。
 木曽義仲軍のみの乱暴の通説は平家物語の捏造(ねつぞう、作り話)であり、「玉
葉」の伝聞の大袈裟(おおげさ)な表現によるものである。「愚管抄」には全く逆の事
が記述されている。義仲軍の入京前に比叡山の僧兵や京都市民が放火や略奪をした。義
仲軍入京後に義仲軍などの略奪は無い。
 九条兼実は右大臣であり、後に太政大臣(だじょうだいじん)もつとめた人物である
から、その日記の信用度は高いようだ。しかし、この頃、彼は後白河法皇(ごしらかわ
ほうおう)やその近臣と意見が合わず、権力中枢から遠ざけられており、単なるご意見
番であった。それでも権力中枢への復帰のため各種情報を集めていた。病弱でもあり伝
聞が多く信用出来ないので、後日の確認のため記述していた。後日訂正している場合も
あるが、訂正していない事も多い。例えば「頼朝上京」の伝聞は、実際の上京までに約
十回記述されているが殆ど訂正していない。記述した事が事実とは限らない。また屋敷
の近くを平家軍が通るので騎馬数を数えさせたら千八十騎でした。これを世間では七な
いし八千騎または一万騎と風聞している。「有名無実の風聞かくの如し」と風聞の不確
かさを確認している。
 平家軍の乱暴は平家物語では「北国下向(ほっこくげこう)」の倶利伽羅(くりか
ら)峠へ向かう道中の場面で記述される。鎌倉軍の乱暴は「平家物語・延慶(えんぎょ
う)本」の一ノ谷へ向かう場面で記述される。朝廷公認の「追捕(ついぶ)」という兵
粮米の現地調達に伴うものである。その平家軍などの乱暴とは近代の軍隊が敵地や都市
部などへ進攻したとき、規律を乱した一部の兵士による金品の略奪や婦女子への乱暴と
は明らかに異なる。追捕は朝廷公認だが、厳しい取り立てのため実態は略奪に等しく見
られ、民間人の略奪をも「ついぶ」と言うようになった。また鎌倉政権の公式記録とさ
れる「吾妻鏡」には、京都駐在の鎌倉軍武士の追捕乱暴、集団盗賊事件、義経追討の名
目で全国に配置した「守護(しゅご)」「地頭(じとう)」の追捕乱暴が多数記録され
ている。「平家を源氏に替え劣りたり」の嘆きは、これから出たものだろう。
 平家物語は琵琶法師(びわほうし)による庶民への語り物として広く伝えられた。こ
のとき庶民の略奪乱暴を語ることは出来ない。また権力者である法皇や頼朝、朝廷や鎌
倉政権などの批判も厳禁である。死人に口無しと運悪く敗者となった義仲軍の仕業にし
た。「勝てば官軍、負ければ賊軍」のとおり、勝者が敗者の悪事を強調し、捏造するこ
とは珍しい事ではない。平家物語の解説者は義仲軍が京都の一般市民に乱暴を働いたと
語るが、真犯人は実は逆に一般市民である。二00三年、イラクの首都のバグダッドに
米軍が進攻し、警備が手薄になった時など一般市民が略奪に走るのを見た人は多いだろ
う。同様の略奪事件が起きたようだ。乱暴事件の真犯人は元平家軍将兵、後の鎌倉軍将
兵、僧兵、一般市民である。
 このように平家物語は真実を伝えてはいない。次の「猫おろし」事件は多分捏造だろ
う。さらに「法住寺合戦」の「義仲軍の乱暴」「法住寺御所の全焼」「法皇の幽閉(ゆ
うへい)」などの事件は「玉葉」「吉記」「愚管抄」「吾妻鏡」の記述と比較して捏造
であると推定出来る。
(参照「史学義仲」第八号、第九号、第十号 木曽義仲史学会)

[本文の特徴]

 本書は木曽義仲の誕生から最期までを詳細に述べたものではない。洛中(らくちゅ
う、京都の市中)の事件に焦点を当て、真相を解明し説明したものである。
 闇に隠された事件の真実を説明するため、本書は他の歴史解説書と異なり、史料によ
る説明順序が事件の発生の年月日順ではない。真相は断片的に史料に表れている。その
関連に気付きにくいのである。
 他の歴史解説書では、史料のある時点の一部の記述のみに気をとられ、応仁の乱や戦
国時代などの軍勢や、近代の軍隊が都会や敵地に侵攻すると乱暴・略奪の例が多いの
で、木曽義仲軍もそうだと単純に断定している。しかし真相は異なるのだという事を解
明し説明している。
 また他の歴史解説書に比べ引用文を多めにしてある。これは著者の主張に都合の良い
部分のみ引用して読者に誤解を与えるのを防ぐためである。また入手困難な史料のテキ
ストとしても使える。
 しかし、史料としては敵側となる京都の公家の日記や鎌倉政権の記録による伝聞・風
聞が主なので、真の義仲像が得られたわけではない。せいぜい義仲は乱暴者とか暴れん
坊将軍という通説は誤りであるという結論のみである。


(参照「史学義仲」第八号、第九号、第十号 木曽義仲史学会)
http://www.angl.co.jp/shigakukai.html

リンク
http://www.geocities.jp/qyf04331/index.html
http://asahishogun.cocolog-nifty.com/


戻る
戻る



目次
目次
目次 2
目次 2