目次

目次

第一部 「木曽義仲の生涯」

第一章 「木曽義仲軍乱暴事件の真相」

一.義仲軍入京と事件の概要
一.一 入京前の食糧不足
一.二 入京直前の混乱
一.三 入京後の混乱制圧
一.四 敗北後の鎌倉軍の乱暴

二.「平家物語」の木曽義仲軍の乱暴説は捏造
二.一 真犯人は元平家軍将兵、僧兵、一般市民
二.二 「玉葉」「吉記」「愚管抄」「吾妻鏡」「平家物語」

三.「平家物語・覚一本」に見る追捕乱暴
三.一 平家軍の追捕乱暴
三.二 義仲軍の追捕乱暴

四.「平家物語・延慶本」に見る追捕乱暴
四.一 平家軍の追捕乱暴「北国下向」
四.二 義仲軍の追捕乱暴「入京後」
四.三 鎌倉軍の追捕乱暴「梶原摂津の国の勝尾寺を焼き払う」

五.「玉葉」「吉記」に見る追捕乱暴
五.一 「玉葉」「吉記」に見る平家軍その他の追捕乱暴
五.二 「玉葉」「吉記」に見る義仲軍その他の追捕乱暴
五.三 「玉葉」に見る鎌倉軍の追捕乱暴

六 「吾妻鏡」に見る鎌倉軍の追捕乱暴
六.一 京都に駐留する鎌倉軍の乱暴「平家を源氏に替え劣りたり」
六.二 地頭の横暴「人の蔵を勝手にうち開いて物を取り出し」

七.「愚管抄」に見る追捕乱暴(愚管抄巻第五より)
七.一 義仲軍の挙兵から入京まで
七.二 「火事場泥棒」と「たがいに略奪」
七.三 「ひしめきてありける」
七.四 兼実・慈円は頼朝贔屓


 「木曽義仲の誕生から最期」
 「木曽義仲の誕生から最期」
一.義仲軍入京と事件の概要
一.義仲軍入京と事件の概要
二.「平家物語」の木曽義仲軍の乱暴説は捏造
二.「平家物語」の木曽義仲軍の乱暴説は捏造
三.「平家物語・覚一本」に見る追捕乱暴
三.「平家物語・覚一本」に見る追捕乱暴
四.「平家物語・延慶本」に見る追捕乱暴
四.「平家物語・延慶本」に見る追捕乱暴
五.「玉葉」「吉記」に見る追捕乱暴
五.「玉葉」「吉記」に見る追捕乱暴
六.「吾妻鏡」に見る鎌倉軍の追捕乱暴
六.「吾妻鏡」に見る鎌倉軍の追捕乱暴
七.「愚管抄」に見る追捕乱暴
七.「愚管抄」に見る追捕乱暴


八.追捕(ついぶ)・・・乱暴の真相
八.一 兵粮調達と兵舎の確保
八.二 追捕(ついぶ)
八.三 武士押妨停止の宣旨
八.四 公田庄園への兵粮米を徴集停止の宣旨
八.五 鎌倉軍の兵粮米不足
八.六 鎌倉軍の追捕
八.七 兵粮米(段別五升)を課す
八.八 官軍の追捕

九.義仲軍の入京
九.一 平家軍都落ち、六波羅炎上
九.二 義仲入京前の混乱
九.三 義仲・行家入京
九.四 京中の乱暴及び兵糧用途如何すべきか
九.五 義仲以仁王の王子を推す
九.六 法住寺合戦の義仲への期待
九.七 義仲敗戦

十.頼朝の計略
十.一 頼朝の密奏
十.二 第一は頼朝、第二は義仲、第三は行家
十.三 頼朝上洛不可能
十.四 頼朝三ケ条の申請
十.五 寿永二年十月宣旨(頼朝関東支配)
十.六 頼朝朝務を申請
十.七 義仲追討の理由

十一.風聞と実態
十一.一 「有名無実の風聞かくの如し」
十一.二 兼実は病弱で神経過敏で大袈裟
十一.三 情報提供者の信頼度

十二.食料の調達
十二.一 寄付・・・反乱軍の食料の調達
十二.二 追捕・・・官軍の食料の調達
十二.三 「腹が減ってはいくさは出来ぬ」

十三.「平家物語」中の軍勢の数
十三.一 「ごまんとある」・・・多数ある
十三.二 木曽義仲軍劣勢でも連勝



トップへ
トップへ
戻る
戻る