二.「平家物語」の木曽義仲軍の乱暴説は捏造

二.「平家物語」の木曽義仲軍の乱暴説は捏造

二.一 真犯人は元平家軍将兵、僧兵、一般市民

 「平家物語」によると、木曽義仲軍は京都での乱暴などの悪評により、鎌倉の頼朝・
義経軍に討たれた事になっている。九条兼実の日記「玉葉」にも義仲軍の乱暴の記述が
ある。しかし、九条兼実の弟で僧侶の慈円による歴史書「愚管抄」の記述には、平家軍
の京都からの退却の時、平家屋敷に火事場泥棒が発生した。さらに法皇・貴族が比叡山
に退避した時、一般市民などが互いに略奪した。そして義仲軍等の入京後は乱暴や略奪
は無い。公家の日記「吉記」にも僧兵や一般市民などが放火や略奪をした記述がある。
最近では二00三年イラクの首都に米軍が進攻し、フセイン軍が撤退した時や、被災地
の治安が悪い時など、一般市民が略奪に走るのを見た。同様の略奪事件が起きたよう
だ。平家物語には、このような火事場泥棒や一般市民の略奪の記述は無い。
 「平家物語」は琵琶法師による庶民への語り物として広まった。その庶民の前で火事
場泥棒や庶民の略奪を語る事は出来ない。木曽義仲軍の京都での乱暴説は「平家物語」
の捏造(ねつぞう、作り話)であり、「玉葉」による伝聞の大袈裟(おおげさ)な表現
による。真犯人は元平家軍将兵(後の鎌倉軍将兵)、僧兵、一般市民である。
 「平家物語」は多くの歴史研究者が指摘するように史書ではなく単なる文学作品であ
る。例えば歴史小説の記述は事実かと問うのと同じである。平家物語では他の史料と比
較して史実上のミス、又は創作が指摘されている。
 原作者は案外事実を忠実に記述したかもしれない。しかし琵琶法師の伝承の過程で、
一般市民の略奪などの聴衆に不都合な場面は削除された。原作本が紛失し、後日、再度
文書化されたときは、かなり史実と異なる諸本が多く残ったようである。
 「勝てば官軍、負ければ賊軍」の時代である。当時の権力者である鎌倉の頼朝や京都
の朝廷の批判は困難である。負けた平清盛や木曽義仲だけが悪く、頼朝や義経は正しい
と表現せざるを得ない。義経でさえ美男子だったかもしれないのに「色白で反っ歯の小
男」と表現されている。もっともこれは最後まで義仲に味方した山本義経という武将の
容貌が誤って伝えられた、又は、わざと誤報を流したという説もある。朝廷の後白河法
皇や鎌倉の頼朝の良くない表現は当然有り得無い。
 歴史は勝者に都合の良いように記録される。敗者の善行は語られないが、勝者の善行
は大いに語られる。敗者の悪事は大袈裟に捏造され語られるが、勝者の悪事は大事でも
秘密にされる。
 後世の小説家や歴史解説者の多くが「平家物語」と「玉葉」の一部の記述を鵜呑(う
の)みにして義仲軍だけが乱暴を働いたと解説しているが、実は平家物語や玉葉にも平
家軍・頼朝軍ともに乱暴の記述がある。「吾妻鏡」には平家滅亡後、京都に駐留する鎌
倉軍や義経追討の名目で全国に配置した「守護」「地頭」に任命された鎌倉武士の乱暴
の記述が多数ある。



根井氏館跡

長野県佐久市根々井  木曽四天王の一人、根井行親の館跡(正法寺付近)という。



二.二 「玉葉」「吉記」「愚管抄」「吾妻鏡」「平家物語」

 「玉葉(ぎょくよう)」は京都の公家で右大臣(うだいじん)の九条兼実(くじょう
かねざね)の日記である。当時の朝廷の行事などは前例を参考にした。当然記録の担当
者はいたのだが、毎回その都度担当者に問い合わせるのは面倒である。また火災などに
よる紛失もある。彼は自己及び子孫の参考のため記録した。ついでにその日の出来事な
ども、思った事、聞き伝え、秘密事項も詳しく記述している。九条兼実は右大臣を務め
る貴族であるから、新興勢力の武士に反感を持っている。義仲についてもかなり反感を
持って観察し記述している。当時の朝廷の権力中枢は後白河法皇とその近臣にあり、九
条兼実は右大臣ではあるが、平家・法皇やその近臣と意見が対立する事が多く、権力中
枢から遠ざけられ単なる御意見番であった。重要な会議に参加出来ないこともあるが、
参加者などから伝え聞いて年・月・日毎に詳細に記録している。但し病弱で伝聞や風聞
が多く信用は出来ない記述もある。本人も伝聞や風聞は信用出来ないから後日確認のた
め記録するとしている。
 「吉記(きっき)」は左大弁(さだいべん)の吉田(藤原)経房(つねふさ)の日記
である。法皇御所に勤務していた。経房は後に中納言(ちゅうなごん)、権大納言(ご
んだいなごん)となる。「玉葉」と比較すると欠落が多い。
 「愚管抄(ぐかんしょう)」は兼実の弟で僧侶の慈円(じえん)が、晩年の一二二十
年頃、歴史上の大きな政変や事件について考察し記述した歴史書である。
 「吾妻鏡(あずまかがみ)」は鎌倉政権の公式記録とされ、信用度は高い。これが公
式記録かと疑うような記述もある。叉、義仲の入京の寿永二年や、頼朝の死亡した年な
どの記録が欠落している。北条氏の子孫の記述であるから時政の善行を記述し、他の武
将による悪行の記述は多い。
 「山槐記(さんかいき)」は内大臣と進んだ中山忠親(ただちか)の日記である。三
公(左右内大臣)を三槐ともいう。そこで中山の山を加え山槐記と称した。欠落が多
い。平家物語にも出てくる「富士川の合戦」で平家軍が水鳥の羽音を敵軍の襲来と勘違
いし、退却する話しが出てくるが「虚言(デマ)甚だ多し」と記述している。
 「平家物語」の原作者は正確には不明であるが、琵琶法師の語り物として伝承され、
後日文書化されたので、数十種の異本があり細部については違いが見られる。おおむね
「覚一(かくいち)本」などの語り本系と「延慶(えんぎょう)本」などの読み本系と
に分類される。延慶本は延慶二・三年(一三0九ないし一0)に書写したという。覚一
本は覚一とい琵琶法師が応安四年(一三七一)に書写させたという。



楯親忠の館跡

長野県佐久穂町館  木曽四天王の一人、楯親忠の館跡という。    


トップへ
トップへ
戻る
戻る