二.「平家物語・覚一(かくいち)本」

二. 「平家物語・覚一(かくいち)本」「猫間中納言」

 義仲をけなしている文章の前に頼朝を誉めそやしている文章がある。
 「頼朝殿がお出になられました。布衣(ほうい、当時の常用服)に立烏帽子(たてえ
ぼし、黒塗りの円錐状の帽子)でした。顔は大きく、背は低いほうでした。容貌(よう
ぼう)は優美で、言語は、はっきりと区別がつきました。
(中略)
 頼朝はこのように立派でございますのに、左馬頭(さまのかみ、馬を管理する役所の
長官)木曽義仲は、都の守護職をしていましたが、日常の動作や人目につくような行動
の無作法なこと、物を言うときの言葉使いの聞き苦しい事は普通の程度を越えていま
す。道理なのです。二歳から信濃国の木曽という山里に、三十才まで住み慣れていたの
で、どうして(都の作法や言葉使いなどを)知る事が出来よう。
 ある時、猫間中納言光隆卿という人が、木曽義仲に相談すべき事があり、おいでにな
りました。家来達が「猫間殿が、お会いして申し上たい事があると言って、おいでにな
りました」と申しますと、木曽義仲は大笑いして、「猫が人に会うのか」。「この方は
猫間の中納言殿と申す公卿(くぎょう)でございます。御屋敷のある所の地名と思いま
す」と申しましたので、木曽義仲は「それならば」と言って対面しました。なおも猫間
殿とは言えずに、「猫殿が、珍しくおいでになられたので、食事を差し上げよ」と言い
ました。中納言は是を聞いて、「いまどきに食事とはとんでもない」と言われたので、
「どうして、食事時においでになられたので、それが当然のこと」。
 何でも新鮮な物を無塩(ぶえん)と言うと勘違いして、「ここに無塩の平茸(ひらた
け)があります。早く早く」と急がせました。根井小野太(こやた)が配膳しました。
田舎風で蓋付きの椀の大変大きく深いのに、飯を山盛りによそい、おかず三品に平茸の
汁を配膳しました。木曽義仲の前にも同じ様子にて配膳しました。木曽義仲は箸をとっ
て食べました。猫間殿は、お椀の汚さに食べないでいると、「それは義仲の仏事用のお
椀ですよ」。中納言は食べないのも悪いので、箸をとって食べるふりをしました。木曽
義仲は是を見て、「猫殿は小食でございますな。いわゆる猫おろしをなさいました。食
べなさい。食べなさい」と何回か勧めました。中納言はこのような事に興さめして、相
談すべきことも一言も言い出せず、そのまま急いで帰られました。」
 このように平家物語では二つを対比させる方法で強調する文章技法が多用されている
ので、頼朝を優美であると強調し、義仲を田舎者と強調している。しかし両者とも二十
数年を田舎で過ごした田舎者にさしたる違いは無いと思う。身分の高い公家が猫おろし
をしたと身分の低い義仲がからかう場面が面白いと読者には好評のようでこれを採用し
ている本は多い。しかし、次の「延慶本」や「源平盛衰記」にはその「猫おろし」の記
述は無い。歴史研究者の多くは勿論つくり話であると断定している。


トップへ
トップへ
戻る
戻る