四. ダジャレ

四. ダジャレ

 丁寧に読むと平家物語にはダジャレ、おやじギャグが所々に出て来る。
「伊勢平氏はすがめのへいし」・・・これは忠盛(清盛の父)の平家の本拠地が伊勢で
あった。伊勢産の瓶子(へいし、上部がふくらんだ酒器)は粗悪で酢甕(すがめ)にし
か使えない。また忠盛の眼がすがめ(片方の眼が細い)であったのを懸けた。
「黒き頭かな、いかなる人の漆塗りけん」・・・季仲という人が色黒だった。蔵人頭
(くろうどのとう)の頃、蔵人頭と黒き頭を懸けた。
「播磨米は、木賊(とくさ)か、椋(むく)の葉か、人の綺羅を研くは」・・・家成が
播磨の守の頃、播磨米は玄米で供進されたので精白した。木賊や椋の葉はともに物を磨
くのに用いる。綺羅(きら)は美しい衣服。「きらをみがく」は美しく飾り立てるを懸
けた。
「へいしが倒れた」・・・鹿谷の宴会で、瓶子(へいし、上部がふくらんだ酒器)が倒
れたのを、平氏が倒れたとはやした。
「猫ま殿」・・・猫間中納言を猫殿と間違えた、からかった。
「猫おろし」・・・猫間中納言が猫おろし(猫の食べ残し)をした、とからかった。
「鼓判官」・・・平知康は鼓の名手で鼓判官と呼ばれた。「大勢の人に打たれたので鼓
判官というのか。」とからかった。
 平家物語は庶民への語り物として広まったようである。まじめな事実の羅列では聴衆
は飽きるだろう。時々は作り話や大袈裟な話しや、滑稽な話も挿入しなければならな
い。
 当時の公家社会では少々のだじゃれは許容されていたのだろうか。それが平家政権で
は「へいしが倒れた」というようなしゃれも通用しない時代だった。禿髪(かぶろ)な
どという密告部隊もいた。少しでも悪口を言うとひどい目に遭った。恐ろしかった。義
仲はそんなことはない。義仲にはだじゃれが通用する。というように話しを面白くした
のかもしれない。

五. 「語り本系」と「読み本系」の違い

 広く流布している「覚一(かくいち)本」などの「語り本系」では、義仲が猫間中納
言を「猫殿」と「まぬき」で呼んだ、食べ残しを「猫おろしした」とからかったので義
仲は無礼な奴だという話しである。しかし、「延慶(えんぎょう)本」などの「読み本
系」や「源平盛衰記(げんぺいせいすいき、げんぺいじょうすいき)」では「猫殿」と
間違えたのは根井小弥太(ねいのこやた)であり、「猫おろし」の話しは無く、食べ残
しを「お持ち帰り」として、従者に持たせたのに、「こんな汚い食器で粗末な物が食え
るか」と放り投げたので、都の人は上も下も贅沢だと嘆く話しである。飢饉の後だとい
うのに貴族連中は相変わらず贅沢なようである。この残り物を食器毎放り投げた話しか
ら、当時飢饉だったという話しに疑問を持つ人がいる。しかし、当時の貴族というのは
超特権階級である。庶民が飢饉で飢えて死んでも諸国から送り込まれる米や貢ぎ物を蔵
に蓄え、飢饉に備えていた。当時の日本の全人口は数百万人、貴族は数百人とこれらの
使用人が生産物のほぼ半分を所有した。後の戦国時代に北条早雲が「五公五民」すなわ
ち生産した収量の半分を税として取り上げるから、「四公六民」としたら、「名君」と
称えられたというから、とにかく取れる限り取ろうとする状態だった。約六十年前の太
平洋戦争末期、国民が食糧不足に困っていた頃、士官学校(軍隊の幹部養成学校)生徒
だった人の話を聞いた事がある。規定通りの食事以外に加給食(おやつ)も出た。一般
国民には申し訳ないと思ったそうである。北朝鮮の例でも、一般国民には餓死する者も
いるのに一部特権階級は太っている。当時、飢饉だったというのは、公家の日記「吉
記」「玉葉」や「方丈記」の記述から間違い無いようである。


トップへ
トップへ
戻る
戻る