六. 方言となまり

六. 方言となまり

 現代の長野県の方言は地域により色々あるが、東北地方の県に比べればなまりは少な
いようである。「雨だ」の発音も標準語では平板で「あ」が少し強く発音されるが、
「め」または「だ」が強く発音される地域がある。方言の研究者によれば、北信、中
信、南信、東信で微妙な差があるという。「根子岳」の発音は、ねこだけの「こ」が強
調される。「ねこま」も「こ」が強調されると「ま」が聞き取りにくく、「ねこ・」
「ねこ」と聞こえるかもしれない。ここで登場する猫間中納言は当時の越後(新潟県)
の知行国主である。永年の反乱状態で多分米などの運上物が届かず難儀していたに違い
ない。その相談に出かけたのだろうか。新潟県人には若干なまりがある。「い」と
「え」の区別がつきにくい。どうやら「い」と「え」を同時に「いぇ」と発音している
ようである。例えば「越後」は「いちご」、「印鑑」は「えんかん」と聞こえる。東北
地方のある県の人は「中山」を「なかま」と発音する。「やぬき」である。「や」の発
音が不明瞭である。猫間中納言叉はその従者は越後の住人と会話した事があり、「猫間
殿」を「まぬき」で「ねこ・どの」発音する越後の人を知っていたかもしれない。京都
の人から見れば、信濃も越後もたいした違いは無く「北国(ほっこく)」である。関東
地方の人は東北人を「なまりがある」とからかうが、東北人からみれば、「ひょうずん
ごすか、わがね、やづだ」となる。(標準語しかわからないやつだ)
 義仲関連の史跡が越後(新潟県)には少ない。他の単に通過しただけに過ぎないよう
な県でも意外に史跡がある。これは案外猫間を猫と間違えたのは越後の人かもしれな
い。越後の人はそれを知っていて関係ない素振りをしているのかもしれない。義仲は乱
暴者で逆賊扱いされている。さらに、「横田河原合戦」では越後の城氏が率いる数万の
兵が信濃の数千の義仲軍に敗れているのであまり好感は抱いていないかもしれない。城
氏はその後頼朝の奥州合戦に参加し復活したようである。佐賀県(しゃがけん)叉は福
岡県では電車の席が空いているか尋ねると「とっとっと」と言われる事があるようだ。
松本清張の「砂の器」にも東北地方のなまりを勘違いする例がある。長野県木曽地方に
は「〜ずら」(〜でしょう)という方言がある。静岡県の民謡「ちゃっきり節」にも出
てくる。「雨ずらよ」と同様に使うようだ。「雨面(あめづら)」と勘違いしていた。
とにかく方言やなまりに関しては話題が尽きない。一般には自分の地域を中心として他
地域の言語方言をからかう傾向があるようだ。

七. 食事の時間と作法

 日本人と外国人の礼儀作法や食事の習慣や作法が異なる事から推察出来るように、礼
儀作法も自分の地域のやり方が標準で、最善と思い込むようだ。食事の習慣や作法が武
士と公家、田舎と京都で異なることが原因である。当時貴族は一日朝夕の二食だった。
武士は腹が減っては戦が出来ぬということで三食であり、戦の時は五食のようである。
 当時は飢饉で食糧が不足していた。戦後の食糧難の時代に子供は親から言われた。
「食事時に他の家に行くな。食事を出さねばならないので迷惑をかける。お茶はいい
が、お茶菓子には直ぐ手を出すな。何回か勧められたら少しは食べても良い。全部食べ
るな。」ということで出すほうは何回か勧めるのが礼儀である。かなり食料事情が良く
なっても、年輩のおばあさんはお菓子をしつこく勧めるくせがあった。その息子は「う
ちのばあちゃんは古いから」と苦笑していた。
 猫間中納言も貴族と武士の食事時間について習慣の違いくらいは承知していただろ
う。食事の中間を見計らって訪ねたはずである。しかし、意外に話しが長引いた。運上
物の取り扱いに困難がある。知行国の越後、あるいは道中の話題で長引いた。あるいは
義仲の父の義賢と猫間中納言が知り合いであったかもしれない。とにかく話しが長引い
て食事時になった。
 当時貴族は仏教の影響により菜食中心で主食は白米だった。武士の主食は玄米で副食
は何でも食べた。義仲の食器は田舎から持参のもので、その中でも一番良い物を客に出
した。飢饉の時代である。客は遠慮している。あるいは粗末な内容に手を出しにくかっ
た。主人は勧めるのが礼儀である。「速飯、速便、速駆け」はかっての旧日本軍では常
識であった。義仲は早食いだった。貴族はゆっくり上品に食べるのが常識だから、早食
いに驚いたかもしれない。しかし、猫間中納言は飢饉のときでも贅沢だった。こんな粗
末な食器で粗末な食事はのどに通らない。公家化した平家の武士とのあまりの違いにと
まどう貴族の様子が見える。ほとんど残した。食べ残しを持ち帰るのは地方では当たり
前で、現代でも「持ち帰り」出来る店もある。しかし、貴族及びその周辺は贅沢だっ
た。こんな粗末な物が食えるかと食器ごと投げ捨てて帰った。都の人は上も下も贅沢だ
と嘆く話しである。(平家物語・延慶本、源平盛衰記など)当時京都は大飢饉で死者が
何万人も出たそうである。それでも公家連中は贅沢していたかもしれない。やや落ち目
とはいえ公家貴族の悪口は言えない。
 貴族が粗末な食べ物を残し、従者すら残り物を捨てて帰った。この状況から京都付近
は飢饉では無かったという説もある。しかし、貴族というのは特権階級である。殆どの
貴族は広い屋敷と蔵を持ち、飢饉に備えた。飢饉のときは蔵の備蓄が若干減るのみであ
る。飢えた京都市民などがどさくさに紛れて蔵を開けて略奪したのかもしれない。
 京都では「おぶ(お茶)でもどうぞ」は完全な挨拶言葉で、お茶は出てこないし、早
く帰れという合図でもある。地方では「お茶でも飲んでけ」と本当にお茶を出してくれ
る。まさに「田舎の常識」は「都の非常識」、「都の常識」は「田舎の非常識」、「日
本の常識」は「世界の非常識」、「世界の常識」は「日本の非常識」である。郷に入ら
ば郷に従えともいう。


トップへ
トップへ
戻る
戻る