八. 文章技法

 八. 文章技法

 義仲を礼儀知らずの田舎者と、けなしている文章の前に頼朝は優美で言語明瞭と誉め
そやしている文章がある。(参照二.三)このように平家物語では二つを対比させる方
法で強調する文章技法が多用されているので、頼朝を優美であると強調し、義仲を田舎
者と強調している。しかし両者とも二十数年を田舎で過ごした田舎者にさしたる違いは
無い。いずれにしても、当時勢力を拡大し、公家貴族、神社、仏寺の既得権益を浸食す
る頼朝など関東武士の横暴への反感を義仲に代表させたものだろう。

九. ひらたけと松茸

 平家物語では木曽義仲が「ひらたけ」を勧めている。現代人から見ると、なぜ松茸が
出てこないのか。四千年の歴史を誇る中国では、現在でも松茸は「変な臭いのするきの
こ」に分類されており、食べない。松茸を好むのは世界でも日本人のみのようである。
最近は韓国でも少し食べるらしい。松茸の匂いを嗅がせて脳波を調べたら、心地よいと
いう反応が出たのは日本人のみで、外国人は全て不快な反応のようである。松茸を食べ
る習慣は日本で独自に広まったようである。平安時代や平家物語が文章化されたころに
はひらたけは一般にも食べる習慣があるが、松茸はまだ貴重ではなかった。京都の役人
が地方へ赴任する旅の途中で崖から落ちた時、ひらたけを見つけ、ついでに取ってくる
という話しがある。「今昔物語」に「谷底に落ちても平茸《ひらたけ》を取る話」。
「御読経《みどきょう》の僧が平茸《ひらたけ》にあたる話」がある。平安時代は松茸
よりひらたけに人気があったようだ。松茸の人気が出たのは戦国時代以後のようだ。
(参考三)

十. 「無塩(ぶえん)」と「猫おろし」

 「無塩(ぶえん)」という用語について、当時の京都付近の「無塩(ぶえん)」の意
味は「塩気の無い新鮮な魚」を意味したようで、無塩の平茸という表現が誤用でおかし
いとしている。現代では標準語ではあまり使用しないが、一部の県では方言として使わ
れる。鹿児島・熊本・長野・奈良・岐阜飛騨地方などでは「新鮮な魚」、岩手・新潟・
茨城等の東北地方などでは「生で新鮮な魚や卵や野菜」を意味し、島根・熊本・鹿児島
などでは「刺身」を意味する県もあるようだ。
 「猫おろし」という用語について、現在、「猫おろし」という用語が使用されること
は殆どない。通常の小さな国語辞典には載っていない。方言として残っている地方も無
い。かなり大きな辞典にのみ「平家物語」の使用例と共に載っている。つまり、「猫お
ろし」という用語は「平家物語」が文章化された頃のみ使用された用語である可能性が
高い。


トップへ
トップへ
戻る
戻る