十一. 九条兼実の義仲観の変遷

十一. 九条兼実の義仲観の変遷

 当時の右大臣、九条兼実(くじょうかねざね)の日記「玉葉(ぎょくよう)」に木曽
義仲は寿永(じゅえい)二年五月に倶利伽羅(くりから)峠の合戦が京で報じられた時
から記述された。以後約八ケ月間、兼実は義仲の感想を記述している。七月末に平家軍
が屋敷に放火し京都から退却し、京都市内が僧兵や一般市民の放火略奪の混乱状態にな
った時は、義仲軍に鎮圧(ちんあつ)を期待した。八月に義仲が皇位継承問題で北陸宮
(ほくりくのみや)を推した際には義仲の主張を認め法皇を非難した。しかし、「王者
の沙汰(さた)に至りては人臣の最(さい)にあらず」と王者(法皇)の裁断すべきこ
となので、臣下の指図すべきものではないと義仲も非難している。九月には義仲の京中
での乱暴行為を嘆いている。十一月に後白河法皇が義仲を挑発して法住寺殿への攻撃を
起こさせた場合には「王者の行いにあらず」と、法皇を非難し義仲を擁護した。「義仲
はこれ天の不徳の君を誡(いまし)むる使い」。「義仲がもし善政を行はば、余(よ、
私)その仁(にん、任務)に当たる」。「義仲の政に預からざる旨を仏神に祈謝す」。
私(兼実)は密かに願かけしていた。今度義仲が善政を行うなら私も一役買うと。この
事極めて不吉であった。よって今度義仲の仲間に入らず、義仲に従う必要が無いことを
神様仏様に感謝した。というように法住寺合戦の後、義仲は法皇の不徳を誡める使いと
か義仲が善政をしようとすれば、助力しようと思ったがすぐ撤回した。次兄の基房(も
とふさ)がしゃしゃり出てきたからである。何等かの策略に気づいたようである。これ
は当時の兼実は右大臣ではあるが、法皇やその近臣と意見が合わず権力中枢から遠ざけ
られていた。敵の敵は味方とみなす心理が若干働いたようである。義仲や基房に巻き込
まれないことを神に感謝した。意外に自分の出番が無くなったので、負け惜しみかも知
れない。寿永三年一月の義仲敗死直後には「天は逆賊を罰した」と逆賊が罰せられるの
はもっともなことだ。「義仲の天下が六十日」も続いたのは永過ぎたと記述している。
義経については、「武勇と仁義は後代の美名にのこる」しかし「頼朝への謀反は大逆
罪」と記述した。また後年、義経や義仲を回顧する場面では「義仲の乱逆」や「義経の
反逆」の記述がある。兼実は頼朝に一時期重用され摂政(せっしょう)関白(かんぱ
く)となるが、それぞれ自分の娘を天皇に嫁がせようと画策し不和となり、兼実は失脚
した。「義仲はこれ天の不徳の君を戒める使い」の一部の記述のみから兼実は義仲の擁
護者とか正当な評価者と勘違いしている人もいるようだが、兼実はあくまでも武士は敵
とみなしていた。特に義仲や義経は逆賊とみなしていた。

十二. 九条兼実の容貌観察

 「源平盛衰記(げんぺいせいすいき)」によると「木曾冠者(きそかじゃ)義仲は、
貌形(みめかたち)は清気(きよげ)にて美男なり」とか、「平家物語・延慶(えんぎ
ょう)本」では「木曽義仲は、みめ形きよげにて、よき男」とあり容貌は良いようであ
る。義経の容貌は「九郎は色白、背小さきが、むかば【向歯】」義経は色白で身長は低
く出っ歯とうわさされているが、山本義経という武将と勘違いした、または、わざと誤
報を流したという説もある。
 兼実は義仲や義経には会っていないようだ。頼朝に会う前のうわさでは、「頼朝の為
体(ていたらく、ありさま)、威勢厳粛(いせいげんしゅく)、其の性強烈、成敗分明
(せいばいぶんめい)、理非断決(りひだんけつ)」(壽永二年十月九日)と聞いてい
た。頼朝とは数回対談した(「玉葉」建久元年十一月九日、建久六年三月三十日、同年
五月二十二日)。しかし容貌については記述がない。なんだうわさほどでもないと思っ
たのだろう。もっともお互いに四十代の中年(頼朝四十五才、兼実四十二才)だから、
かなりくたびれているだろう。
 容貌に無関心なのではない。平惟盛(これもり、清盛の孫)については「衆人中、容
顔第一」(「玉葉」承安五年五月二十七日)、惟盛は平家物語・延慶本でも美男子(み
めかたちすぐれたり)と表現されている。宰相中将定能(さだよし)の息子(親能)に
ついては「生年十五才、容貌美麗(ようぼうびれい)」((「玉葉」壽永二年四月二十
九日)、実定の息子については「生年十一才、容顔美麗」((「玉葉」元暦二年五月三
日)、と観察し記述している。なお「吉記」の著者は義仲が法皇に拝謁(はいえつ)す
る場面にいたようだ。「年三十余、錦の直垂を着し、黒革威・・・」と服装などの外観
の詳細な記述はあるが容貌については詳細な記述が無い。

十三. まとめ

 いずれにしても、この「猫おろし」の話しは捏造(ねつぞう)つまり創作に違いない
が、平家滅亡後、勢力を拡張し、貴族や寺社の荘園などの権益を浸食する鎌倉の関東武
士の横暴への反感が含まれている事は間違いない。あからさまに権力者たる頼朝などの
関東武士を非難し、からかう事は出来ない。運悪く滅ぼされた義仲がその代替えになっ
た。つまり義仲や義仲の家臣を関東または越後の武士の誰かとその家来に置き換えても
通用する話しである。案外、清盛の父で忠盛など伊勢平氏武士の初期の話しかもしれな
い。多分、次の「牛車事件」も同じだろう。
 とにかく京都市内の中央貴族から見れば、京都郊外は勿論、近県でさえも田舎であ
る。作者は義仲または関東武士を非難する気持ちで、貴族をからかう無礼な者として記
述したようだが、読者や聴衆の中には義仲は貴族をからかう痛快で面白い奴と好意的に
誤解している者もいるようだ。
 なお、義経も頼朝に滅ぼされたが、義経は当時の戦闘方法としては不当とされる「一
騎打ちを避ける」「奇襲」「夜襲」「非戦闘員の殺傷」などを多用している事がさりげ
なく記述されている。しかし、後代の戦争では「集団戦」「奇襲」「夜襲」「非戦闘員
の殺傷」は当たり前となってしまった。



トップへ
トップへ
戻る
戻る