参考2.「平家滅亡前後の乱暴狼藉」事件

 参考2.「平家滅亡前後の乱暴狼藉」事件

元暦元年 4月24日 「吾妻鏡」「賀茂社領への武家の狼藉を停止させた」
元暦元年10月27日 「吾妻鏡」「景時郎従の廣田庄領押妨を停止させた」

文治元年 2月 5日 「吾妻鏡」「散在の武士狼藉を致した」
文治元年 3月 4日 「吾妻鏡」「在洛の武士狼藉」
文治元年 4月26日 「吾妻鏡」「頼朝、實平・景時に武士の乱行禁止を命じた」
文治元年 4月28日 「吾妻鏡」「平重遠、在京東士の不法を訴えた」

文治元年 5月19日 「吾妻鏡」「京の群盗、遠江の不逞武士の鎮定等を評議した」
文治元年 7月12日 「吾妻鏡」「鎮西の巡検を中原・近藤に命じた」「九州没官領
に地頭定補の上範頼を帰京させた」
文治元年 8月13日 「吾妻鏡」「院の庁、太宰府・在庁に下文を遣わし、武士の濫
妨を停止させた」
文治元年 8月21日 「吾妻鏡」「頼朝、下河邊の四郎政義の鹿島社領侵椋禁止を採
決した」
文治元年 9月 5日 「吾妻鏡」「小山有高の押妨を停止させた」
文治元年10月14日 「吾妻鏡」「頼朝、院宣を奏じて安田義定を召す」
文治元年10月15日 「吾妻鏡」「齋宮用途の進納、神宮領押妨停止の院宣が到着し
た」

文治2年 1月 5日 [玉葉] 「宇佐和気使、路頭にて狼藉事件が出来した」
文治2年 1月 9日 「吾妻鏡」「高野山領の兵粮米・地頭を停止させた」
文治2年 1月11日 「吾妻鏡」「高瀬庄の武家の狼藉を停止させた」
文治2年 2月13日 「吾妻鏡」「時政より静の事、群盗処刑の事を報じた」
文治2年 3月 2日 「吾妻鏡」「今南・石負庄の兵粮米停止せしむ」「崇徳院領丹
波栗村庄に武士の乱暴するを停止させた」
文治2年 3月10日 「吾妻鏡」「太神宮領地頭等狼藉を停止させた」
文治2年 3月16日 「吾妻鏡」「伊勢神領顛倒の奉行の事、諸国兵粮米停止の事、
時政に伝えた」
文治2年 3月18日 「吾妻鏡」「源俊隆、尾張の国中島郡所領安堵された」
文治2年 3月21日 「吾妻鏡」「諸国の兵粮米催しを停止させた」
文治2年 5月13日 「吾妻鏡」「洛中群盗頻発の院宣到来した」
文治2年 5月20日 [玉葉] 「信円行家の兄弟大進君を召し送る」「兼実能保に
武士の狼藉を責めた」
文治2年 5月29日 「吾妻鏡」「美濃石田郷の濫妨(略奪)を停止させた」
文治2年 6月 9日 「吾妻鏡」「播磨武士押領の事」
文治2年 6月21日 「吾妻鏡」「近畿の守護・地頭を停め、諸国武士の濫妨を禁
ず」「武士の濫妨を停むべき国々」
「鎮西九国鎮定は経房の沙汰とした」「伊勢の地頭を改補した」
文治2年 7月 8日 「吾妻鏡」「能盛・定康の所知に武士濫妨(略奪)を停止させ
た」
文治2年 7月28日 「吾妻鏡」「新日吉領河肥・向津奥両庄の武士狼藉を停止させ
た」
文治2年 8月 5日 「吾妻鏡」「新日吉領の狼藉停止の請文」
文治2年 8月26日 「吾妻鏡」「由良庄、宗紀太の濫妨を停止させた、領家藤原範
季に知行せしむ」
文治2年 9月 5日 「吾妻鏡」「諸国地頭に領家の所務缺怠を禁じた」
文治2年 9月15日 「吾妻鏡」「梶原朝景帰参、洛中状況を報じた」「群盗の張本
平庄司脱獄した」
文治2年 9月25日 「吾妻鏡」「時定より則国の報告書届く」「廣由良御庄濫妨に
関する報告書」
文治2年11月24日 「吾妻鏡」「現在謀反人の後のほか地頭の干渉を禁じた」

文治3年 1月19日 「吾妻鏡」「能保、土佐の希義墓田の横暴を停止させた」
文治3年 2月 9日 「吾妻鏡」「草野定康に近江領所を安堵せしむ」
文治3年 3月19日 「吾妻鏡」「法隆寺領鵤庄の地頭の押妨を停止させた」
文治3年 4月23日 「吾妻鏡」「重源、周防御家人の杣出妨げを訴えた」「周防国
在廰官人、地頭の非法を訴えた」
文治3年 5月20日 「吾妻鏡」「名主、鹿島社領御寄進地を押領した」
文治3年 5月26日 「吾妻鏡」「宇治義定の代官、齋宮寮田を押領、義定恩地を収
公された」
文治3年 6月20日 「吾妻鏡」「伊勢神宮領地頭の濫行を停止させた」
文治3年 6月29日 「吾妻鏡」「伊勢沼田御厨の地頭代官の押妨を停止させた」
文治3年 8月12日 「吾妻鏡」「京より群盗鎮圧の要請あり」
文治3年 8月19日 「吾妻鏡」「洛中狼藉鎮定のため、常胤・行平、上洛せしむ」
「頼朝の経房宛て消息」
文治3年 8月27日 「吾妻鏡」「頼朝、使行平に付し京に言上する条々」「群盗の
事」「狼藉の事」
文治3年 8月30日 「吾妻鏡」「常胤おくれて上洛した。」
文治3年 9月19日 [玉葉] 「群盗の事」
文治3年10月 3日 「吾妻鏡」「群盗の事」
文治3年10月 6日 「玉葉] 「群盗の事」
文治3年10月 8日 「吾妻鏡」「行平・常胤在京中の群盗征伐の事を報告した」
文治3年10月13日 「吾妻鏡」「伊勢沼田御厨重忠所領を吉見頼綱に充て行ふ、狼
藉を停止させた」
文治3年11月25日 「吾妻鏡」「但馬住人山口家任所々に横行」
文治3年11月29日 [玉葉] 「別当隆房卿群盗の間の事を申す。」
文治3年12月 9日 [玉葉] 「宗範をもって条々の事を(群盗多き事なり)法皇
に申し上げた。」

文治4年 2月 2日 「吾妻鏡」「地頭の所領につき諸人愁訴した」
文治4年 2月 5日 「玉葉」 「この夜群盗少将信清の家に入ると。」
文治4年 3月14日 「吾妻鏡」「平康頼、地頭の押妨を訴えた」
文治4年 4月12日 「吾妻鏡」「地頭等庄家を押領」
文治4年 5月17日 「吾妻鏡」「昌寛眼代押妨の訴」
文治4年 6月 4日 「吾妻鏡」「播磨の国景時の郎従等の狼藉」
文治4年 7月 1日 「玉葉」 「別当隆房来たり、群盗の間の事を示す。」
文治4年 7月13日 「吾妻鏡」「美濃の国の郷々地頭押領の事」
文治4年 7月17日 「吾妻鏡」「藤原宗長、石清水神人と乱闘した」
文治4年 8月17日 「吾妻鏡」「群盗蜂起の事」
文治4年 8月20日 「吾妻鏡」「阿波麻殖保地頭の押妨を停止させた」
文治4年 9月 3日 「吾妻鏡」「頼朝、地頭重頼の不法を停止させた」
文治4年11月27日 「吾妻鏡」「群盗大庭景宗の墓を盗掘した」
文治4年12月 6日 「吾妻鏡」「東大寺僧と武家の使が闘乱した」

文治5年 2月30日 「吾妻鏡」「阿武郡を東大寺に進じ、遠平の代官に退去を命じ
た」
文治5年 7月10日 「吾妻鏡」「伊勢沼田御厨地頭の押妨を停止させた」

文治6年 4月 4日 「吾妻鏡」「山田重隆・堀江禅尼の公領押妨を停止させた」
文治6年 4月18日 「吾妻鏡」「美濃犬丸等の地頭の妨害を停止させた」
文治6年 4月19日 「吾妻鏡」「太神宮役夫工米、地頭の未済を成敗した」
文治6年 5月29日 「吾妻鏡」「八條院領紀伊三上庄の地頭が妨害した」
文治6年 6月29日 「吾妻鏡」「役夫工米の対捍につき請文を進ず」
文治6年 8月 3日 「吾妻鏡」「河内国地頭押領、糟屋有季狼藉の事」
文治6年10月 9日 「吾妻鏡」「近江田根庄地頭佐々木定綱の押妨を停止させた」

建久2年 5月 3日 「吾妻鏡」「定綱の濫行の件、頼朝の奏状」
建久2年 8月 7日 「吾妻鏡」「頼朝、任憲のため解状(訴状)を奏進す」

建久3年 6月20日 「吾妻鏡」「美濃御家人に命じ大内惟義指揮下に群盗を鎮めさ
せた」

建久4年 5月 7日 「吾妻鏡」「大江行義女押領を訴へ、朝景譲歩した」
建久4年 9月 7日 「吾妻鏡」「宣陽門院、群盗以下の狼藉」

建久5年 3月17日 「吾妻鏡」「諸国守護人の国領押妨を禁じた」
建久5年 5月20日 「吾妻鏡」「下野の国司、宇都宮朝綱の公田押掠を訴えた」
建久5年12月10日 「吾妻鏡」「比企朝宗、越前志比庄を押領した」

建久6年 8月 6日 「吾妻鏡」「志楽庄並びに伊称保地頭の濫妨を訴えた」
建久6年11月 4日 「吾妻鏡」「長門河棚庄の地頭を停止させた」

建久10年3月23日 「吾妻鏡」「頼家、神宮領六箇所の地頭職を停止した」

(これだけ乱暴狼藉事件が続けば、清盛平家の時代のほうが良かったと非難したくもな
る。)


参考3. 松茸について

参照 ものと人間の文化史「松茸」より(有岡利幸 法政大学出版局)

 松茸は主に松の木の根本附近に生育する。松茸の菌は雑菌に弱いようである。昔はい
ろりやかまどを使用した。その焚きつけの材料に松の枯れ葉や枯れ枝が利用された。松
の木の根本附近はきれいだった。松茸がよくとれた。現代ではプロパンガスや石油スト
ーブの普及で松の木の根本は落ち葉が堆積している。雑菌が繁殖し、松茸は採れない。
 奈良時代、三笠山(奈良市)には、マツタケがあふれるほど生えたらしい。官吏の夕
げの膳(ぜん)には、焼きマツタケが並ぶこと連日で、「もう飽きた」という声が上が
ったという。平安時代になっても人気はなく、「古今和歌集」や「新古今集」には載っ
ていない。やっと「梁塵秘抄」に「聖(ひじり)の好むもの……、松茸(まつたけ)、
平茸(ひらたけ)、滑薄(なめすすき)」とある。
 マツタケを好んだのは、どうも僧侶のようだ。安土桃山時代から江戸時代初期まで、
京都の鹿苑寺(ろくおんじ、金閣寺)の首座が書きつづった日記では、秋になるとマツ
タケを贈り合い、吸い物で酒盛りをしたり、時には赤松林の中で焼きマツタケを楽しん
だりしている。この頃には公家の間でもマツタケは広まり、天皇家の調度品の管理をし
ていた山科家の日記にも同様の記事が出てくる。
 日本料理が完成する文化文政年間(19世紀初頭)には、京都・丹波のマツタケは早
飛脚で大阪・天満に運ばれるようになった。庶民の楽しみはマツタケ狩りで、京都・北
山ではどんちゃん騒ぎが続き、奉行所から禁止令を受けている。
 食べ方の横綱は、焼きマツタケだろう。豪快なのは、大きな土瓶にマツタケを姿のま
まぎっしりと詰め、塩と酒をふりかけてふたをし、注ぎ口を松葉で詰めて蒸し焼きにし
たものだ。それに比べると、最近の土瓶蒸しは吸い汁に浮かんだペーパークラフトのよ
うなものだ。
 昭和30年代初めまで、マツタケは一般の食卓によく上っていた。ある名誉教授の話
では、京都大の食堂ではマツタケが入ったうどんが28円、ラーメンが30円だったそ
うだ。ある料理教室でも、他人丼やすき焼きはマツタケと牛肉の組み合わせだった。
 それが、いまでは京都・錦市場の京野菜専門店ですら中国・雲南や吉林産が並ぶ。ほ
かの店には北朝鮮やメキシコ産もある。丹波産が出回る9月下旬になっても、料理屋は
勘定が合わないから外国産を使う。外国産は生える松の種類や土壌が異なるため、味や
香りが違う。素材の味を生かす和風料理には向かず、ニンニクや油の力を借りて厚化粧
せざるを得ない。
 国内産が採れなくなったのは、近年猛威を振るうマツクイムシのせいだけではない。
田舎の家庭にプロパンガスが普及したことで、貴重な燃料だった赤松の林への手入れが
おろそかになったからのようだ。社会環境の変化は、食文化も変えるのだ。

参考文献
 一.訓読玉葉   高橋貞一著   高科書店
 二.全訳吾妻鏡  永原慶二監修  新人物往来社
 三.吾妻鏡・玉葉データベース 福田豊彦監修 吉川弘文館
 四.新訂吉記2  高橋秀樹    和泉書院
 五.愚管抄全註解 中島悦次     有精堂
 六.源平合戦の虚像を剥ぐ 川合康  講談社
 七.平家物語上下 山下宏明     明治書院
 八.延慶本平家物語6789       汲古書院
 九.圖書寮叢刊九条家本玉葉 宮内庁 明治書院
 十.ものと人間の文化史「松茸」有岡利幸 法政大学出版局
 十一.信州の方言 馬瀬良雄 第一法規出版


トップへ
トップへ
戻る
戻る