三.黒幕は誰か

三.黒幕は誰か。

 右大臣の九条兼実は「法住寺合戦後」に記述した。「義仲はこれ天の不徳の君を戒め
る使い」の記述が「玉葉」寿永二年(一一八三年)十一月十九日にある。「およそ中国
や日本国で天下の乱逆は、たくさんあるが、このような乱は無かった。義仲は不徳の法
皇をいましめるための神の使いである。」
 そして「義仲今後世間の事は基房に申し合わすという」の記述が「「玉葉」十一月二
十一日にある。「義仲は内々示して云う、世間の事は松殿(藤原基房)に申し合わせ、
毎事指図を致すべしという。」
 さらに「義仲がもし善政を行はば、余其の仁に当たる」「義仲の政に預からざる旨を
仏神に祈謝す。」と続く。「私(兼実)は密かに願かけしていた。今度義仲が善政を行
うなら私も一役買うと。この事は極めて不吉であった。よって今度義仲の仲間に入ら
ず、義仲に従う必要が無いことを神様仏様に感謝した。」
 兼実は当時、右大臣ではあるが、法皇やその近臣と意見が合わず、権力中枢から遠ざ
けられていた。敵の敵は味方とみなす心理が働いたようである。法住寺合戦の後、義仲
は法皇の不徳を戒める使いとか、義仲が善政をすれば助力しようと思ったが、すぐ撤回
した。次兄の基房(もとふさ)がしゃしゃり出てきたからである。自分の出番は無いの
だ。次兄の基房が黒幕と気づいたのだろう。
 「義仲はこれ天の不徳の君を戒める使い」との一部の記述のみで、兼実は義仲の擁護
者とか正当な評価者と誤解する人もいるようだ。義仲敗北後、解官されたのは基房の子
の師家(もろいえ、摂政、内大臣)のみである。

「基房は法皇の不興を受ける」の記述が「玉葉」寿永三年(一一八四年)二月十一日に
ある。「基房は義仲に味方し西国への御出かけを勧めた」
 兼実の記述では基房は法皇の不興(ふきょう)を買っている(法皇の機嫌をそこなっ
ている)。義仲が西国の平家追討の旗印として法皇を連れて行こうと提案したとき、強
く推薦したのが気に入らなかったようだ。



トップへ
トップへ
戻る
戻る