四.「義仲の天下六十日」

四.「義仲の天下六十日」「天は逆賊を罰す」

 法住寺合戦後に義仲を非難する記述がある。「大江公朝頼朝代官に義仲乱逆の次第を
告ぐ」の記述が「玉葉」寿永二年(一一八三年)十二月一日にある。「伝聞、去る二十
一日法皇の北面(警護役所)に仕える下級役人二人(大江公友)が伊勢の国(三重県)
に到着し、乱逆の次第を頼朝の代官(九郎並びに斎院(さいいん)次官親能(ちかよ
し)等である)に告げ示した。たちまち飛脚を頼朝の許へ差し遣わした。彼の帰来を待
ち、命に随い入京すべし。」
 そして 義仲が戦死した後は、義仲を非難する記述が続く。
「義仲敗走し近江国粟津にて討たる」の記述が「玉葉」寿永三年(一一八四年)一月二
十日(第一章九.七参照)にある。
「義仲の天下六十日」と続く。「義仲天下を執る後、六十日を経たり。信頼の前例に比
べ、猶そのおそきを思う。」
さらに「天は逆賊を罰す」と続く。「およそ常日頃、義仲の計画では、京中を焼き払
い、北陸道に落ちるべしのようだ。しかし一家も焼かず、一人も損せず、義仲のみ一人
さらし首にさせられた。天は逆賊を罰した。宜(むべ)なるかな。もっともであるか
な。」
 義仲の天下は六十日だった。信頼(のぶより)とは、平治(へいじ)の乱で敗者側の
公家で藤原信頼である。次兄の藤原基房がこれに対応するのだろうか。武家の義仲と比
較するのなら、何故、平治の乱で武家の義朝や清盛のクーデターの例が出ないのだろ
う。やはり黒幕は次兄の基房と考えていたようだ。     
 義仲敗北後、公家で変更があったのは基房の子の師家(もろいえ)のみで摂政(せっ
しょう)を解官(げかん、免職)された。前摂政の基通(もとみち)は、合戦のとき逃
亡したが復活した。参照一一八三年(壽永二年)十一月十九日 「基通は宇治の方に逃
げた」一一八四年(寿永三年)一月二十一日「基通が摂政に復職された」。
 また、「義仲の計画では、京中を焼き払い、北陸道に落ちるべしのようだ。しかし一
家も焼かず、一人も損せず、」とあるように、義仲は京都から退却するとき、京都を焼
き払うといううわさだったが、そのような事は無く、放火や略奪は無かった。平家は家
屋敷に放火し、はやばやと退却したので、京都市内は僧兵や一般市民による略奪と放火
の大混乱になったが、義仲の場合はそのような混乱はなかった。
 「義仲はこれ天の不徳の君を戒める使い」との一部の記述のみで、兼実は義仲の擁護
(ようご)者と誤解している人も義仲の敗死を「天は逆賊を罰した」と断じている記述
を見れば誤解と納得するだろう。後日、義仲や義経を回顧(かいこ)する記述がある
が、いずれも「義仲の乱逆」や「義経の反逆」と記述している。


トップへ
トップへ
戻る
戻る