五.「平治・治承と異なり今度の乱は義仲一人の最たり」

五.「平治・治承と異なり今度の乱は義仲一人の最たり」

 「逆賊が朝務を執りて後の授けた官位等は無効とすべし」の記述が「玉葉」寿永三年
(一一八四年)一月二十五日にある。「平治・治承と異なり今度の乱は義仲一人の最た
り」「君臣共に幼稚、未だ成人の量に及ばず。」と続く。
 義仲は逆賊だから、法住寺合戦の後、義仲の推挙により任命された公家の人事などは
無効にすべきだと主張している。平治(へいじ)とは平治の乱の例、治承(じしょう)
とは清盛のクーデターの例と比較している。黒幕で次兄の基房の責任が藤原一門の我が
身に及ぶ可能性がある。君臣共に幼稚、未だ成人の量に及ばずとは、後鳥羽天皇は四才
で、摂政の藤原師家(もろいえ、基房の子)は十二才で責任はとれない。責任は義仲に
押しつけようと考えた。しかし兼実の意に反して義仲の意見が公家身分に与えた影響は
少なかったようである。合戦の後、任命され、昇任した公家は多いが、義仲の敗死後に
解官(げかん、官職を免ずること)され、降任された例は少ない。師家のみが解官され
た。基房と師家親子のみが責任をとらされたようである。多分、基房や義仲の一存でな
く、合戦の後任命され、昇任した公家などと合議の上決定されたものだろう。
 「愚管抄」も事実のみを淡々と記録している。法皇の近臣が義仲に対抗して兵を集め
たので、義仲がこれを排除したようだ。義仲は以後の政治的処理を基房に託したよう
だ。著者の慈円は兼実の弟で、基房は兄である。兄を悪役とは書きにくい。「勝てば官
軍、負ければ賊軍」の論理で、兄である基房の不始末の責任が同じ藤原一門の兄の兼実
や自分(慈円)にふりかかるのは避けたい。


トップへ
トップへ
戻る
戻る