七.法住寺御所は焼失したか

七.法住寺御所は焼失したか

 後世の歴史解説者や小説家の記述で、法住寺焼き討ちとか、法住寺御所が炎上し焼け
落ちたという記述を見る。しかし「平家物語」ですら、樋口次郎が火矢を放ったので、
御所が炎上という記述があるのみである。「玉葉」には御所方面に煙が上がる、これは
河原の民家を焼き払うようだの記述のみである。「吉記」には四面放火の記述がある。
周囲の民家に放火したようだ。戦いのときどちらかが火を放つのは当時の合戦の常識で
ある。敵をいぶり出すため、あるいは逃走を敵に知られないようにするためである。
 「吾妻鏡」一一九一年 (建久二年)十月一日によると、「法住寺殿、文治元年の地
震により傾いた。頼朝の命令で修理した。」となっている。合戦の時、建物自体に大き
な被害は無かったようである。いかに大袈裟に捏造しているかがわかる。
 その他「吉記」の意外な記述としては「四方に逃走の殿上人(てんじようびと)以下
その数を知らず。女官等多くもって裸形。」。逃走の殿上人以下は女官の衣類を奪い取
り女装して逃げたのだろうか。


トップへ
トップへ
戻る
戻る