八.法皇は幽閉されたか

八.法皇は幽閉されたか

 「平家物語」やその他の解説書では法皇は摂政の五條亭に幽閉されたことになってい
る。しかし、「玉葉」によると、かなり出入りは多く、また法皇は落胆した様子は無い
ようである。
 「法皇は特に御嘆息の気無きかのようだ」の記述が「玉葉」十一月二十五日にある。
「宰相中将定能(さだよし)卿が法皇御所より退出、法皇は特に御嘆息(たんそく、な
げいてためいきをつく)の気無きかのようだ。」
 さらに「法皇御所中の警護は倍増」の記述が「「玉葉」十二月四日にある。「宰相中
将定能卿が法皇御所より退出し、来た。語り云う、昨日義仲は法皇に申し上げて曰く、
頼朝の代官が日頃伊勢(いせ、三重県)の国に在り。家来等を派遣し追い落とした。其
の中の最上級者を一人、生け捕りにしたという。又語り云う、法皇御所中の警護は、最
近は日頃に於いて倍増し、女車に至るまで検知を加えるという。」
 義仲軍はそれまで女性に甘かったので、女装して逃げられた。または女装して御所に
出入りしていたようだ。 
「後白河院は平業忠邸にお帰り」の記述が「吉記」十二月十日にある。「法皇は六条西
洞院の左馬権守(さまごんのかみ)平業忠(なりただ)宅においでになられた。五条殿
には奇怪な事が有るためという。」


トップへ
トップへ
戻る
戻る