九.法住寺御所の攻撃・法皇の幽閉は義仲追討の理由か

九.法住寺御所の攻撃・法皇の幽閉は義仲追討の理由か

 頼朝が義仲を追討した理由として、法住寺御所への攻撃や法皇の幽閉を挙げる解説を
見かけるが、「吾妻鏡」によれば、頼朝が義仲を追討した正式な理由は平家と和議を企
てた事が頼朝への謀反とされたようである。
 「吾妻鏡」寿永三年三月一日(第一章十.七参照)の「平氏追討の下文」によると、
「・・・東海道は遠江(とおとうみ、静岡県西部)の守義定(よしさだ)朝臣(あそ
ん)、北陸道は左馬頭(さまのかみ)義仲朝臣、鎌倉殿の御代官として、両人上洛する
ところである。兼ねてまた義仲朝臣、平家と和議のために謀反の条、不慮の次第であ
る。よって院宣の上に、私に処罰を加え、かの義仲を追討せしめました。」
 とにかく頼朝は義経や範頼など平家追討に貢献した多くの武士を謀反の名目で追討し
ている。後の北条氏の行状から推測すれば、北条氏の策略の可能性が高い。
 平家や義仲追討の根拠として、平家物語や吾妻鏡などの解説によると頼朝は「以仁王
(もちひとおう)の令旨(りょうじ)」や「後白河法皇の院宣(いんぜん)」あるいは
後白河法皇の密命を頂き、平家や義仲を追討したことになっている。ところが頼朝から
九条兼実への書状には、
「頼朝から九条兼実への書状」が「吾妻鏡」文治元年十二月六日と「玉葉」の文治元年
十二月二十七日に同一文が記述される。
「頼朝は伊豆国の流人として、特別なご指示も頂かなかったにもかかわらず・・・」
となっている。つまり、なりゆきによって頼朝が勝手にやったが、運よく平家や義仲を
追討出来たようだ。


トップへ
トップへ
戻る
戻る