十.合戦の前に乱暴狼藉はあったか

十.合戦の前に乱暴はあったか

 平家物語によると、合戦前に市内の治安が悪くなったとか、義仲軍が乱暴したので、
「治安を回復せよ」との法皇の命令を鼓判官の知康が使者として来たのに、侮辱された
ので征伐すべしとなったと記述しているが、「玉葉」「愚管抄」にそのような乱暴の記
述は無い。「平家を源氏に替え劣りたり」の嘆きは平家滅亡後、京都に駐留する鎌倉軍
による兵粮米の現地調達のための乱暴、集団強盗事件の多発、義経追討の名目で全国に
配置された「守護」「地頭」の横暴、乱暴を非難したものだろう。「源氏にゆかりのあ
るものは喜ぶがさしたるゆかりの無い者は何の喜びも無い。」とは、源氏にゆかりのあ
る者、例えば頼朝の妹の夫である一条能保は頼朝代官になり次々と出世する。その他清
盛平家の時代には冷遇されていた源氏ゆかりの者が復活する状況が「吾妻鏡」の記述に
見られる。

十.一 源氏ゆかりの者の取り立て

一.一条能保(いちじょうよしやす)・・・頼朝の妹の夫。頼朝代官から讃岐(さぬ
き)の守となる。 
二.平賀義信(ひらがよしのぶ)・・・平治の乱のとき義朝や頼朝に従い戦った。武蔵
の守に任命された。
三.但馬の山口太郎家任・・・本領に安堵。「吾妻鏡」文治三年十一月二十五日参照。

十.二 「泣く子と地頭には勝てぬ」平家滅亡前後の乱暴

 「平家を源氏に替え劣りたり」の嘆きは平家滅亡後、京都に駐留する鎌倉軍による兵
粮米の現地調達のための乱暴、集団強盗、義経追討の名目で全国に配置された「守護」
「地頭」の横暴、乱暴を非難したものだろう。ざっと拾い上げただけでも数十件ある。
法皇や頼朝に報告され、記録されたものだけでもこれだけあるのだから、報告漏れや記
録漏れを含めまさに「泣く子と地頭には勝てぬ」と泣き寝入りしたものは数え切れない
ほどあるだろう。
 権力者となった鎌倉を直接非難できないので、義仲に罪を着せたのだろう。以下参考
二に「吾妻鏡」「玉葉」に記述される乱暴事件を列記する。いかに「玉葉」の記事が
「吾妻鏡」の記述と異なるか。つまり兼実には正確な情報が届いていないかがわかる。
法皇や頼朝に伝わる「守護」「地頭」の乱暴の情報が兼実には届いていない。或いは届
いたが地方の事には関心が無いので、記述しなかつたのか。兼実の一大関心事はわが朝
廷の安泰と政権中枢への復帰にある。
 「平家を源氏に替え劣りたり」と記述され、語られた頃、政治の実権は北条氏(平氏
系)に移り、北条氏が源氏に交替する正当性を強調するのに都合の良いものであった。

参照 参考二.「平家滅亡前後の乱暴」事件
(これだけ乱暴事件が続けば、清盛平家の時代のほうが良かったと非難したくもな
る。)


トップへ
トップへ
戻る
戻る