十一. 法住寺合戦後の解官数は清盛のクーデターより多いか

十一. 法住寺合戦後の解官数は清盛のクーデターより多いか

 平家物語によると清盛の場合より解官数が多く、清盛より悪いとなっているが、解官
された者の位階、役職の違いが大きい。清盛の場合は太政大臣を含む国司以上の高位高
官の解官が多いのに義仲の場合は高位高官が少なく、位の低い武官の解官が多く、権力
中枢への影響は少なく、クーデター(急激な非合法手段に訴えて政権を奪うこと)とは
言えない。

十一.一 清盛のクーデターの処分

 「解官」「玉葉」治承三年十一月十七日によると
 「太政大臣(だじょうだいじん)藤原師長、権大納言(ごんだいなごん)按察使(あ
んさつし、あぜち)源資賢、春宮大夫(とうぐうのだいぶ)藤原兼雅、右衛門督(うえ
もんのかみ)平盛頼、権中納言(ごんちゅうなごん)藤原実綱、右近衛権中将(うこん
えごんのちゅうじょう)藤原隆忠、参議(さんぎ)光能、太宰大弐(だざいだいに)親
信、越前守季能、右近衛権中将雅賢、右近衛権中将定能、大蔵卿(おおくらきょう)泰
経、右中弁(うちゅうべん)親宗、右近権少将時家、備中守光憲、右近権少将顕家、右
近権少将資時、陸奥守(むつのかみ)範季、大膳大夫(だいぜんたいふ)信業、蔵人
(くらんど)右少弁基親、左衛門佐(さえもんのすけ)業房、美濃守(みののかみ)定
経、右馬頭(うまのかみ)定輔、加賀守(かがのかみ)親国、出羽守(でわのかみ)顕
経、左馬権頭(さまごんのかみ)業忠、阿波守(あわのかみ)孝貞、河内守(かわちの
かみ)光遠、淡路守(あわじのかみ)知光、周防守(すおうのかみ)能盛、但馬守(た
じまのかみ)信賢、甲斐守(かいのかみ)為明、大蔵大輔(おおくらたいふ)宗家、佐
渡守(さどのかみ)尚家、検非違使(けびいし)遠業、扶行、信盛、上総守(かずさの
かみ)為保、右少将雅賢、常陸守(ひたちのかみ)経仲(合計四十人)
辞退 権中納言雅頼、流人(るにん) 太宰権師(だざいのごんのそつ)藤原基房、平
業房
関外追却 資賢、雅賢、資時、信賢
使を止む 左衛門少志(さかん)中原清重、右衛門志同重成、右衛門府生安倍久忠
辞退 主殿頭藤家綱、亭任 伊勢守大中臣忠清」
 実際の処分者は四十三人以上だが、平家物語では解官が四十三人としている。

十一.二 法住寺合戦後の解官

 「解官」「玉葉」寿永二年十一月二十九日によると
 「中納言籐朝方、参議右京大夫同基家、太宰大貳同實清、大蔵卿高階泰経、参議右大
弁平親宗、右中将播磨守(はりまのかみ)源雅賢、右馬頭(うまのかみ)源資時、肥前
守(ひぜんのかみ)同康綱、伊豆守(いずのかみ)同光遠、兵庫頭(ひょうごのかみ)
藤章綱、越中守(えっちゅうのかみ)平親家、出雲守(いずものかみ)藤朝経、壱岐守
(いきのかみ)平知親、能登守(のとのかみ)高階(たかしな)隆経、若狭守(わかさ
のかみ)源政家、備中守(びっちゅうのかみ)源資定、左衛門尉(さえもんのじょう)
平知康(大夫尉)、この他衛府二十六人と。(小計四十三人)(解職 頼兼)、(出仕
止め 兼雅)
 さらに「解官」は続く。「吉記」十二月三日より
 「佐渡守(さどのかみ)源重隆、右馬助(うまのすけ)同信国、左衛門尉(さえもん
のじょう)藤助頼、源経国、平(仁科)盛家、右衛門尉(うえもんのじょう)源有綱、
左兵衛尉(さひょうえのじょう)源義任、右兵衛尉(うひょうえのじょう)平康盛(小
計八人)」
 「解官」の合計は五十一人だが、平家物語では四十九人としている。


トップへ
トップへ
戻る
戻る