十三.合戦の人数

十三.合戦の人数

 平家物語では、法皇方が法住寺御所に二万人を集めた。義仲軍は七千騎で攻めたとな
っているが、例の軍記物語の特徴でおおげさな表現による。実際は多分、十分の一の法
皇側が二千人と義仲軍が七百騎程度だろう。「愚管抄」でも木曽軍は千騎の内五百騎が
押し寄せたとなっている。入京時、五千騎(平家物語などでは五万騎)ほどだった木曽
義仲連合軍も一部は引き上げ、更に「水島の合戦」で一部減少し、更に法皇側に追従し
たものなどがあり、総兵力は千騎程度に減少していたようである。法皇側は御所の警備
兵たる近衛府などの兵士、比叡山延暦寺の僧兵(寺の警備兵)、三井寺の僧兵、民兵
(京都市民の応募者など)、義仲軍からの寝返り組などで、二千人をかき集めたようで
ある。


トップへ
トップへ
戻る
戻る