十四. 承久の乱との比較

十四. 承久の乱との比較

 約四十年後に起きた「承久(じょうきゅう)の乱」というのがある。寿永の頃即位し
た後鳥羽天皇が上皇となり、勢力を拡大した武家政権から公家政権を復活しようと企画
した、鎌倉政権打倒計画である。失敗して、その後鳥羽上皇は「島流し」となる。後鳥
羽上皇は隠岐島(おきのしま、島根県)に配流、上皇の持っていた荘園はすべて没収、
順徳(じゅんとく)上皇は佐渡が島に配流となる。計画に反対していた土御門(つちみ
かど)上皇は自ら望んで土佐(とさ、高知県)に配流された。後鳥羽上皇の皇子の六条
宮、冷泉宮もそれぞれ但馬(たじま、兵庫県北部)、備前(びぜん、岡山県南東部)へ
配流された。当時の仲恭(ちゅうきょう)天皇(九条廃帝、仲恭の贈名は明治以降)は廃
された。鎌倉政権は新天皇として後堀河(ごほりかわ)天皇を擁立した。まさに「勝て
ば官軍、負ければ賊軍」の典型である。清盛や義仲が法皇を幽閉したと非難したがその
比ではない。この承久の乱を記述したのが「承久記」であるが、事実をほぼ淡々と記述
している。この承久の乱の後における執権北条氏の非情な処置を非難することは出来な
いので、敗者となっていた義仲に置き換えたものだろう。

十四.一 皷判官を打ち破り捨てよ

 「平家物語」によると義仲が法住寺合戦の前に放った言葉は、
 「われらが信濃を出発した時より、麻績(おみ)・会田(あいだ)の戦より始めて、
北国には砥浪山・黒坂・塩坂・篠原、西国には福隆寺縄手(ふくりゅうじなわて)・篠
の迫り(ささのせまり)・板倉が城を攻撃したけれども、いまだ敵にうしろを見せた事
は無い。例え十善帝王(天皇)にてありましょうとも、甲をぬぎ、弓をはずして降参す
る事はあり得ない。例えば都の守護してあろう者が、馬一頭づつ飼わずにいられるか。
いくらもある田ども刈らせて、ま草にするのを、あながち法皇のとがめなさるべきでは
無い。兵粮米も無ければ、若者共が片田舎に行きて、時々入り捕りするのが何かまんざ
ら不都合な事でもあるまい。大臣家や宮々の御所へも参上すればこそ不都合な事であ
る。これは皷判官が元凶と思われるぞ。その皷めを打ち破りて捨てよ。今度は義仲が最
後の戦にてあるだろうぞ。頼朝が帰り聞くかもしれぬ処もある。存分に戦えよ。者ど
も」と言ったとされている。

十四.二 「秀康・胤義等を討ち取れ」
 「吾妻鏡」によると約四十年後に起きた「承久の乱」の時の北条政子の言葉は、
「政子家人らを招集し最期の詞を告ぐ」「吾妻鏡」承久三年(一二二一年 )五月十九
日。
 「皆心を一にして奉公するべし。これは最期のことばである。亡き右大将軍の頼朝様
が朝敵を征罰し、関東の鎌倉政権政権を創設してから以降、官位を受け、俸禄(ほうろ
く)を頂くなど、その恩は既に山岳より高く、暗い海より深い。御恩に報い徳を謝する
志は、これは浅くないものである。而るに今や逆臣の告げ口に依って、非正義の天皇の
命令書を下された。名を惜しむところの武士族は、早く藤原秀康(ふじわらのひでや
す)・三浦胤義(みうら たねよし)等を討ち取り、三代将軍の残した官職や領地を全
うするべきである。但し上皇側に参ろうと欲する者は、只今申し出るべきである。」
(藤原秀康・三浦義村の弟胤義は首謀者とされる)
 (解説)ともに天皇や法皇(上皇)に仕える者の告げ口が原因であるので、それらを
逆臣として討とうとしている。
 義仲に言わせている「例えば都の守護してあろう者が、馬一頭づつ飼わずにいられる
か。いくらもある田ども刈らせて、ま草にするのを、とがめなさるべきでは無い。兵粮
米も無ければ、若者共が片田舎に行きて、時々入り捕りするのが何かまんざら不都合な
事でもあるまい。」は平家滅亡後、京都の守護として駐在した関東武士の兵糧の現地調
達を非難したものである。これはまた、派遣された関東武士の本音だろう。「吾妻鏡」
にも関東武士の現地調達の横暴が多数記録されている。


トップへ
トップへ
戻る
戻る