十五.まとめ

十五.まとめ

 「平家物語」の記述は、「玉葉」「愚管抄」と比較して、かなりの捏造が見られ、後
の鎌倉政権の強引さを義仲軍に置き換えて非難しているようだ。現政権をあからさまに
非難することは出来ない。「平家を源氏に替え劣りたり」の嘆きは平家滅亡後、京都に
駐留する鎌倉軍による兵粮米の現地調達の乱暴、集団強盗事件の多発、義経追討の名目
で全国に配置された「守護」「地頭」の横暴、乱暴を非難したものだろう。
 約四十年後に起きた「承久の乱」の後、後鳥羽上皇は「島流し」となる。清盛や義仲
が法皇を幽閉したと非難したがその比ではない。この承久の乱における北条氏の非情な
処置を非難することは出来ないので、敗者となっていた義仲に置き換えたものだろう。
同時代に制作された軍記物語として、保元(ほうげん)の乱を記述した「保元物語」、
平治(へいじ)の乱を記述した「平治物語」、承久の乱を記述した「承久記」などがあ
るが、いずれも現政権の鎌倉方を非難する事は出来ない。


(あとがき)

 事件の真相との題目から、義仲の真の姿を期待された方には、期待外れだったかもし
れない。義仲や周囲の人物については平家物語や伝説に基づくものばかりなので、真の
人物像を得るのは難しいようである。本書は木曽義仲の誕生から最期までを詳細に述べ
たものではない。洛中(らくちゅう、京都の市中)での事件に焦点を当て、真相を解明
し説明したものである。
 闇に隠された事件の真実を説明するため、本書は他の歴史解説書と異なり、史料によ
る説明順序が事件の発生の年月日順ではない。
 他の歴史解説書では、史料のある時点の記述のみに気をとられ、応仁の乱や戦国時代
などの軍勢や、近代の軍隊が都会や敵地に侵攻すると乱暴・略奪の例が多いので、木曽
義仲軍もそうだと単純に断定している。しかし真相は異なるのだという事を解明し説明
した。真相は断片的に史料に表れている。その関連に気づきにくいのである。
 また他の歴史解説書に比べ引用文を多めにしてある。これは著者の主張に都合の良い
部分のみ引用して読者に誤解を与えるのを防ぐためである。また入手困難な史料のテキ
ストとしても使える。
 しかし、史料としては敵側となる京都の公家の日記や鎌倉政権の記録による伝聞・風
聞が主なので、真の義仲像が得られたわけではない。せいぜい義仲は乱暴者とか暴れん
坊将軍という通説は誤りであるという結論のみである。


参考文献

 一.訓読玉葉   高橋貞一著   高科書店
 二.全訳吾妻鏡  永原慶二監修  新人物往来社
 三.吾妻鏡・玉葉データベース 福田豊彦監修 吉川弘文館
 四.新訂吉記二  高橋秀樹    和泉書院
 五.愚管抄全註解 中島悦次     有精堂
 六.源平合戦の虚像を剥ぐ 川合康  講談社
 七.平家物語上下 山下宏明     明治書院
 八.延慶本平家物語六七八九       汲古書院
 九.圖書寮叢刊九条家本玉葉 宮内庁 明治書院
 十.ものと人間の文化史「松茸」有岡利幸 法政大学出版局
 十一.信州の方言 馬瀬良雄 第一法規出版
 十二.現代語訳吾妻鏡  五味文彦 吉川弘文館
 十三.史学義仲 八、九、十号 木曽義仲史学会




トップへ
トップへ
戻る
戻る