二.法住寺合戦の概要
二.法住寺合戦の概要

 ここでは主として「玉葉」の記述により概要を述べる。
 義仲にも不満はあった。頼朝より先に入京して平家を追放したのに、功績の第一は頼
朝、第二は義仲、第三は行家という順番だった。また新天皇として以仁王(もちひとお
う)の王子を推薦したが採用されなかった。西国の平家征伐に出かけているうちに、寿
永二年十月宣旨といわれる頼朝の、「東海・東山道の荘園公領を領知すべき宣旨」を出
した。頼朝の申請した北陸道は除いたが、根拠地の信濃は東山道に含まれている。頼朝
の支配下に入るのか。とんでもない話だ。(参照第一章九・十)

 合戦のかなり以前から義仲を排除しようとする動きがあった。「玉葉」の十一月七日
には「義仲を法皇御所の警護の人数に入る」の記述がある。「伝聞、義仲を征伐される
べき理由により、特に用心して法皇御所を警護する武士の中に入れるように法皇に申し
上げたという。行家以下、皆ことごとくその宿直を勤仕する。しかるに義仲一人その人
数から外れる理由は、特に奇異を成すの上、又告げ口する者が有るのか。」

 合戦三日前の十一月十六日、「玉葉」に「法皇が法住寺南殿においでになる」「所々
にからぼりを堀、簡単な門柵を構う」の記述がある。「今日、法皇は南殿においでにな
るべし。御用心の様子は、日来において万倍している。今夕、所々にからぼりを堀っ
て、簡単な門柵を構え、特別の処置であるという。この事は「天狗(てんぐ)」のなせ
る事か。」

 合戦二日前の十一月十七日、「玉葉」に「京中騒動」の記述がある。「午前四時頃、
ある人が報告に来た。法皇の御所内に武士が大勢集まっている。京都市内は大騒ぎとい
う。何事かは不明。」
 さらに「義仲が法皇御所を襲うと法皇御所中に風聞あり」と続く。「義仲が法皇の御
所を襲うという噂が、法皇の御所内に広まっている。」
そして「法皇が義仲を討伐するか」と続く。「法皇が義仲を征伐するという噂が義仲の
家に伝聞しているという。両方とも偽りを込めて告げ口する者があるという。このよう
なデマによって、かれこれ大騒ぎしている。この事件は誰かの計り事である。義仲がた
ちまち国家を危うくするべき理由はなし。」
 さらに「法皇が兵を集めるのは至愚の政なり」と続く。「ただ法皇が城のように備え
を構え、武士軍兵を集め、大勢の人の心を驚かされる事は、もっぱら極めて愚かな政策
である。これは小人の計より出たのだろうか。」
 そして「義仲の許に法皇は使者を遣わす」と続く。「主典代(しゅてんだい、文書
係)の大江景宗が御使いとなり、義仲のもとへ遣わされた。その書状には、謀反の事、
争い申すといえども告げ口を言う人はその事実を主張している。今さら、逃れ申すに及
ばないという。」
 さらに「義仲洛中に逗留するのを勧めず」と続く。「もしこの事が無実ならば、すみ
やかに天皇の命令に従い西国に出発し、平氏を討つべきである。法皇の命令に背き頼朝
の使いを防ぐためでも、天皇の命令書を請求せず一身早く向かうべきである。」
 そして「義仲勢僅かといえども勇なり」と続く。「義仲の軍勢は多くは無いが、その
部下将兵はおおいに勇敢であるという。京中での征伐は、昔から今まで聞いた事が無
い。もし意外な恐れが在れば、後悔するだろう。」
 さらに「近習小人によりこの如き大事に至る」と続く。「思慮の足りない者達が法皇
の近くに仕えているので、遂にこのような大事件に至ったのだ。法皇の人を見る目が無
いためである。日本国朝廷の有無は、一時に決すべきか。」

 合戦前日の十一月十八日、「玉葉」に「兼実と息子の良通が共に法皇御所に参る」の
記述がある。
 「法皇のお言葉が下された。世間の騒動は、日ごとに倍増している。そのような時に
デマが多く出て来た。御所の警備体制は平時に比べ過剰である。義仲もまた法皇の命令
に従う意思が無いように見える。事はすでに大事に及んでいる。よって昨日主典代(し
ゅてんだい、文書係)の景宗を御使いとして申し付けられた。平家征伐の為西国に向か
うように度々命令を下された。しかるに今までも出発していない。又頼朝の代官を攻め
るためでも、早く出発すべきである。両方とも出発せず、法皇に敵対している。その意
向はどうだろう。もし謀反の意思が無ければ、早く西海に行くべきである。義仲は申し
上げました。先ず法皇に反抗することは一切存知しません。これには度々起請文(誓約
書)を書き差し上げました。今お尋ね下さるとは、生涯の慶びであります。頼朝の代官
(義経)が数万の軍勢を引率して入京するには相対して一矢でも射ると、前から申す所
である。頼朝の代官が入らないなら、早く西国に出発するという。」
 さらに「法皇は色々の事を兼実に相談された」と続く。「この上は頼朝の代官の事は
どのように命令下すべきか。さらにこの騒動により、法皇にはお出かけ有るべきか。ま
さにたちまち不適切なことであるか。」
 そして「義仲に敵対するのは王者の行いではない」と続く。「申し上げました。法皇
御所中の警備体制は通常より大いに過剰である。義仲に敵対しており、大いに見苦しく
王者の行いではない。罪が有るならば、その軽重に従い処罰すべきである。申し状はい
まだに穏便である。御使いを遣わしデマの次第を尋問し、所行の不当を指摘し告げ口を
言う者を指名するなら、法に従い処罰すべきである。現在の敵対の処置を停止するのが
最もよろしい。義仲が道理に従い穏便で有るなら征討に向かう事は無い。たとえ罪科有
りといえども、京都を出てから後その指図をすれば現在の恐怖は無い。市内の近くで法
皇に敵対する事は、現在や未来において、朝庭の恥辱であり国家の不名誉である。なお
天皇の命令に違反するなら法に従い処断すべきである。今の処理の仕方では王者として
の徳で世の中を良くすることは無く、はなはだ見苦しい。頼朝の代官についても、軍勢
が少なければ入るのを承諾すると義仲は言うと先日風聞が有りました。又多数の軍兵を
率いてくれば、停止せよと、かの代官(義経)に命ずべきでしょう。」
 そして「法皇の宮々が法皇御所中においでです」と続く。「摂政の近衛基通(このえ
もとみち)が今夜より法皇の御所に泊まり込むという。仁和寺(にんなじ)宮(守
覚)・八条宮(円恵)・鳥羽法印等は以前より法皇御所の中においでであるという。」
 同日、[吉記]の十一月十八日によると、「後鳥羽天皇が法皇御所に内密でお出でに
なられた」「北陸宮が法皇御所より逃亡した」の記述がある。「高倉宮(北陸宮と称す
る)は、それまで法皇の御所においでになりました。女官が一人か二人之にお仕えして
いました。昨夜行方をくらまし逃げたという。」
 さらに「法皇御所中へ武士が参入した」「守覚以下の僧侶が辻を固めた」と続く。
「仁和寺宮(守覚)以下の宮々、並びに比叡山の座主(明雲)、及び他の僧綱僧徒(僧
兵)が、各々に武士を引率し、道路の辻々に待機し、或いは防雑役車を引き据え、或い
は侵入防止柵を引き置き、空堀を堀、警護の様子は、言語の及ぶ所ではない。但しひた
すらにこれは「天魔」のたくらみである。」
 そして「法皇が義仲に京都退去を命じた」と続く。「昨日、主典代の大江景宗が使者
として義仲の許へ法皇の命令書を遣わした、ひとえに法皇貴族を威し奉り、謀反を企む
のうわさが有るが、本来の命令のように追討の為西海に向かうか、頼朝の代官を防ぐた
め東国に向かう意思は有るのか。京を早く退出すべしと。明らかなこと申し切らずとい
う。」
 さらに「義仲が西海へ下向を承諾した」と続く。「今日、西海に向かうと、再度申し
たという。解官有るべしか否か、叉追討されるべし条。」
 そして「頼朝の舎弟が伊勢へ到着の報あり」と続く。「頼朝の舎弟(義経)が伊勢神
郡に到着を知らせる飛脚が来たという。」

 合戦当日、「玉葉」の十一月十九日に「義仲が法住寺御所を攻めた」と記述する。
「早朝、ある人が報告に来た。義仲がすでに法皇の御所を攻撃しようとしているとい
う。安芸(広島県西部、芸州)の守基輔(基輔は兼実家の家来))に法皇御所へ行かせ
て、詳細を尋ねさせた。十二時頃に帰って来て報告した。すでに攻撃のため参上のうわ
さは有るが、未だその事実は無い。およそ法皇の御所中の軍勢は甚だ少い。左少弁の光
長が又来た、法皇に申し上げようとする為退出した。然れども義仲の軍兵はすでに三手
に分かれ、必らず押しせるとの風聞があり。なお信用出来ない処、すでに事実であっ
た。私の家は大路の頭であるので、息子の大将良通の居所に向かった。いくらも行かな
いうちに黒煙が天に見えた。これは河原の民家を焼き払う黒煙のようだ。十四時頃、時
の声をあげることが二度あった。或いは、吉とする為の時の声であるという。(三度が
通例という)」
 そして「官軍が敗績した」と続く。「午後四時頃になり、官軍はことごとく敗退し、
義仲軍は法皇を取り囲んだ。義仲軍の将兵等の歓喜は限り無きものであった。」
 さらに「義仲は法皇を取り奉り五条亭へ渡る」と続く。「すぐに法皇を五条東洞院の
摂政亭に移動した。武士の外で、公卿・侍臣のうちで矢にあたり死傷した者は十余人と
いう。」
 そして「天下乱逆のうち未だ今度の如きは無し」と続く。「およそ中国の漢王朝や日
本の朝庭で天下の乱逆は、その数有りといえども、未だ今度のような争乱は無かった。
義仲はこれ天の不徳の法皇を戒(いまし)める使いである。」
 さらに「基通宇治の方に逃げる」と続く。「摂政(せっしょう)の近衛基通(このえ
もとみち)は、未だ合戦の始まる前に、宇治の方面へ逃げたという。」
 そして「天皇の御在所知れず」と続く。「後鳥羽天皇は太宰大弐(だざいのだいに、
太宰府の次官)藤原実清卿がお供しているという。未だ其の御在所はわからない。」

 合戦当日の「吉記」十一月十九日にも「法住寺合戦」の記述がある。「十二時頃に南
方に火が見えた。不思議に思い、これを見ると法皇の御所の辺である。再三進入しよう
としても、戦場であるので、あえて通行出来ない。馬で馳けようとしても、参入するこ
とは出来ない。南方の空を見ているうちに夕陽となり、色々の風説の真偽を判断出来な
いでいるうちに、日が落ちる頃、法皇の味方の軍勢は逃げ落ちたとの風聞が届いた。」
 さらに「法皇御所火災」と続く。「後で聞いた。御所の四面は皆ことごとく放火し
た。その煙はもっぱら御所中に充満し、万人が迷惑した。義仲軍はあちこちから破り入
り、敵対出来なかった。」
 そして「後白河院脱出」と続く。「法皇を御輿(みこし)に乗せ、東を指して退避し
た。付き従う公卿は十余人のみである。鞍(くら)をおいた馬、または腹ばいで、四方
に逃走した殿上人(てんじょうびと、昇殿をゆるされたひと)以下その数はわからな
い。女官等は多く裸形である。武士の伯耆(ほうき、鳥取県西部)の守光長・同子廷尉
(ていい、検非違使尉)光経以下は合戦した。その外は戦いながら逃げ去った。」
 さらに「義仲は法皇に追いつき摂政邸に」と続く。「義仲軍は清隆卿堂の辺で追い付
き、甲冑(かっちゅう、よろいとかぶと)を脱ぎ参会した。申す旨が有り。新御所の辺
に於いて御車に乗せた。その時に公卿の修理大夫親信卿・殿上人の四・五人が御供にい
ました。摂政の五條亭においでになりました。」
(中略)
 そして「所々火災」と続く。「夜に入り、所々に火の手が上がりました。伯州(伯
耆)光長の家、叉山(天台)座主の三条房等である。」

 慈円の「愚管抄」によれば「法皇に仕える北面の武士の友康(ともやす)・公友(き
んとも)などという者達が、ひたすらに武士に期待し、頼朝こそなお本者と強く思い込
み、人柄も良いと聞いたので、それを思い頼朝の上京を期待した。又義仲など何ごとも
無いと思い、法住寺殿の法皇御所を城のように構築して隙間無くあふれるほどに、源氏
の将兵や比叡山や三井寺の僧兵などを招集して、比叡山の座主(ざす、長)の明雲(め
いうん)も参りまして、比叡山の僧兵を引き連れて隙間無く固めて待機しました。義仲
は今となってはやむを得ないと思いきり、山田(今井?)・樋口・楯・根の井という四
人の家来がいましたが、我勢は都から落ちて行こう、落ち行く前に手を打とうと考えま
した。寿永二年十一月十九日に、法住寺殿へ千騎のうちの五百余騎ほどの軍勢にて、す
ばやく押し寄せました。
(中略)
 いかにもこの法皇の木曾義仲との戦は、天狗(てんぐ)の仕業に疑い無き事であ
る。」と記述している。
 兄の兼実は後に頼朝の推薦により権力中枢に復帰した。慈円も後に兄の兼実の推薦に
より、天台座主(てんだいざす、比叡山の長)に就任したから、誰の悪口も言えない。
天狗(てんぐ)の仕業にしている。兼実も「天狗」のなせる事、経房も「天魔」のたく
らみにしている。




トップへ
トップへ
戻る
戻る