自費出版と営業

「貴方も無料で本が出せます」との広告につられて数社に応募したが、
どこも企画出版とか協力出版の名目で、百万円以上の自己負担が必要
でした。
 そこでもっと安く出来ないかと探すと、自費出版という方法がありました。
色々条件によるが、半分くらいで出来そうだ。ただし販売は自己負担なので
かなりの自己営業の努力が必要だ。
 自分史とか研究誌などを印刷製本して、身内や知人に無料配布するだ
けなら、自費出版が良いだろう。
 販売をして元を取ろうとすると大変だ。販売を専門業者に委託すれば
それなりの費用が必要になる。

「飛び込み営業」
 まず近くの書店に持ち込み、販売を委託した。定価の八掛けという条件
で、要するに20パーセントの手数料を支払い、三ケ月後に売れ残りを回収
する条件である。
 義仲ゆかりの地の書店に販売委託をした。
 ただし店により25ないし30パーセントの手数料とか、2ケ月という店もある。
また店によっては、取次店からの本しか扱わない、自費出版の本は断る
店も多い。
 また最近は大手チェーン店の進出により、駅前の本屋は少なくなり、売
れ行きも良くないようだ。大型店でも売れ行きはあまり良くない。
 意外に売れ行きが良いのが、ドライブインや道の駅の売店だ。
観光客が購入するようだ。ただし本の痛みが激しい。表紙カバーや帯の
痛みが激しいので、時々交換する必要がある。
普通の書店では本の痛みは殆ど無い。

「献本」
 新聞社などに献本すると書評として取り上げてもらえるので、広告効果
があるという事で、新聞広告を出さなかったが、三カ月経っても掲載され
なかった。やむをえず新聞広告を出してみた、

「新聞広告」
 まず「市民タイムス」に六センチ*六センチ程度の広告を出してみた。
友人や知人に当日の新聞を見てもらったが、全然気づかないという
ありさまで効果無しだった。二倍くらいだと気付いたかもしれない。とい
う事だった。
 次は「信濃毎日新聞」と「北日本新聞」に4.5*10センチ程度の広告を出
した。数件の電話問い合わせや注文があり、少しは効果があるようだ。
ただし費用対効果は問題だ。

「図書館への献本」
 国立図書館への献本は義務のようだ。
県立図書館では郷土資料の収集をしているので、二冊の寄贈を求めて
いた。市立の図書館は余裕があるようだが、町立の図書館などは余裕
が無いので、自費出版は歓迎されないようだ。「嵐山町図書館」では
利用が少ない場合は希望者に無料配布しますと言われた。
長野県内の殆どの市立図書館には寄贈した。
長野県以外の義仲ゆかりの県立や市立の図書館にも寄贈した。
殆どの図書館は礼状が来たが、なかには寄贈が多すぎるのか、
受け付けるか廃棄するかは図書館が判断するという高飛車なのもある。




トップへ
トップへ
戻る
戻る